NEWS 新着情報

2014/11月


2014/12月





















2015/4月

 
Lepai.jp |Lepaiデジタルアンプ公式サイトオープンしました。


下記 Lepai「LP-2020A+」の詳細になります。

商品の特徴

LP-2020A+

 

Lepaiシリーズの車載アンプ「LP-2020A+」はアメリカTRIPATH社のDIGITAL POWER PROCESSING(DPP)技術を駆使したハイパワーT級デジタルアンプTA2020-020IC)を採用しており、出力シグナルは20W×2RMSです。

シグナルダイレクトスイッチング機能を有し、材質はアルミニウム合金、高い音質を伴うシグナルの増幅が可能で、これらにより手軽に携帯、DVDVCD)プレイヤー、パソコン、デジタルミュージックプレイヤー等、広範にわたる視聴機器や各種音源に接続することができ、きっとお客様を満足させてくれるでしょう。

機能が実用的という点の他にも、「LP-2020A+」は「Lepai」独自のデジタルサウンド設計を採用しており、それは「Lepai」がデジタルシリーズに惜しまぬ努力を注ぎ造り上げた技術と、パソコンのマザーボードと同等の二層式PCBSMT(はんだ付け)技術を組み合わせ、これを14ものデジタルサウンドテクノロジーと併せることで、高い音質、強力な出力の増幅、相互干渉の防止を実現しました。

電源回路は、一旦電源を入れ電圧がDC14.4Vまで上昇した際、内部の回路が自動で負荷を切断し、過電圧から守ります。

スピーカー保護機能として、電源ON時の時間差通電回路設計が、電源を入れた際に大量の電流がスピーカーを傷めるのを防ぎます。

T級デジタルハイパワーアンプは、TRIPATH社が提供する高い音質と効率の高い音源増幅回路を持ち、その中のパワートランジスタもスイッチング動作をしています。D級とも言えますが、パルス幅変調原理を用いて設計したD級アンプと区別する為に、TRIPATH社はこの様なパワーアンプをT級アンプと呼んでいます。

高い性能以外にも、精密な加工センターで生産されるアルミニウム合金製の外殻、サンドブラストと陽極酸化処理を施された表面、更にヘアーライン仕上げを採用したパネルは、技術力だけでなくオシャレさと高級感も兼ね備えています。




お客様からのお問い合わせでよく頂きますが
弊社WESの取り扱い品はLepai(商標登録第5747380号)になります。
模造品や類似品にご注意ください。

PAGE TOP